横田瀝青興業 業務内容

横田瀝青興業 どこでもスタンド

どこでもスタンド®は弊社の特許取得済みの商品です。

どこでもスタンド特許

日本初 タンクローリー直結型 災害時用燃料計量ポンプ
「どこでもスタンド®」
横田瀝青興業株式会社は、日本で初めてとなるタンクローリー直結型災害時用燃料計量ポンプ「どこでもスタンド®」を開発いたしました。
横田瀝青興業株式会社は、東日本大震災での約2ヶ月半にわたる燃料供給支援活動の経験を活かし、災害時において円滑に燃料給油を行うための手段として「どこでもスタンド®」を企画開発しました。
タンクローリーをそのまま活用してしまう給油形態は、場所やインフラの損傷程度に影響されないまったく新しい災害時用燃料供給システムです。

ジャパン・レジリエンス・アワード2016(強靭化大賞)優良賞 受賞しました

ジャパン・レジリエンス・アワード2016(強靭化大賞)優良賞

「どこでもスタンド®」は、レジリエンスジャパン推進協議会が主催するジャパン・レジリエンス・アワード2016において、強靭な国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する製品として、優良賞をいただきました。

これからも強靭な燃料サプライチェーン構築に向けてレベルアップを図っていきたいと思います。

レジリエンスジャパン推進協議会
http://www.resilience-jp.org/

非常時こそガソリンを安全に取扱う為のシステムが必要です!!

【ガソリン取扱いの留意点】


1.給油時の漏れ・溢れ等による流出事故の発生の危険性

「どこでもスタンド®」は給油取扱所の給油設備と同様の機能を有しており、給油時の漏れ・溢れ等を防止する機能を装備しています。

2.流出事故が発生した場合の火災発生の危険性

給油空地外に被害が拡大することを防止するために簡易防油提などの設置を行う。

3.火災が発生した場合の人的被害発生の危険性

周囲にバリケードを設け、給油に関係のない者の立入りを制限し管理を十分に行う。

4.火災が発生した場合の周囲への延焼拡大の危険性

十分な空地を設け、火災時に延焼の拡大がおきないように防止をする。

非常時用燃料計量ポンプによる安全対策 ドラム缶による取扱い環境
どこでもスタンドの詳しいお問い合わせはこちら

どこでもスタンド®の「ポイント」

自社油層所から配送

どこでもスタンド®の概要

どこでもスタンド®の製品仕様は以下になります。
寸法:914(W)×1838(H)×511(D)
重量:300Kg以下(インバーターを除く)

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

どこでもスタンド®は当社の登録商標です。
登録商標 : 登録第5676866号 登録第5677096号